Easy Come, Easy Go !

飛行機やモータースポーツから素敵なモデルさんを撮影した写真ブログです

百里基地航空祭2016 F-4 Phantom  

今回の百里基地航空祭大トリはF-4による飛行展示。
2016_11_27_0129.jpg

2016_11_27_0667.jpg

2016_11_27_0673.jpg

2016_11_27_0693.jpg

2016_11_27_0701.jpg
今年もいろいろと撮影しましたが、飛行機関係はなかなか天気がすぐれないという結果に。小松遠征も荒天が予想されたため、回避とツキもない1年だったかもしてません。来年も当ブログをご覧頂ければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

百里基地航空祭2016 RF-4 Phantom  

F-15の帰投後はいよいよここ百里のメンバーの飛行から。まずはRF-4から。
2016_11_27_0445.jpg

2016_11_27_0456.jpg

2016_11_27_0488.jpg

2016_11_27_0543.jpg

2016_11_27_0574.jpg

2016_11_27_0557.jpg

2016_11_27_0664.jpg
F-15Eagleと比べるとなんて思っていたら、偵察任務が主たるものでもそれはF系の機体ですからその音や機動性はそれなりの物が。迷彩柄のRF-4も雲空の中を縦横無尽に飛んでいきます。当然のようにベイパーが大量発生。これはこれで良かったのかもしれません。引続いては、いよいよ真打登場となったのでした。それにしてもいつ雨が降ってもおかしくない空なのでした。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

百里基地航空祭2016 F15 Eagle  

今年の百里基地航空祭は生憎のお天気。雨が降るかもととダメもとで。
2016_11_27_0408.jpg

2016_11_27_0411.jpg

2016_11_27_0412.jpg

2016_11_27_0417.jpg

2016_11_27_0424.jpg

2016_11_27_0430.jpg

2016_11_27_0433.jpg
昨年の航空祭では機動飛行もバッチリ収めさせて頂きましたが、今年はスタート出遅れの為機動飛行に間に合わず、帰投のバイバイシーンのみでお見送り。ファントムも良いですが、やはりイーグルが良いです。やっぱ小松行くべきでしたと後悔しきり。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

百里基地航空祭2016 ブルーインパルス  

スーパーGT最終戦の後は、茨城県百里基地での1年ぶりの航空祭へ。
2016_11_27_0163.jpg

2016_11_27_0185.jpg

2016_11_27_0195.jpg

2016_11_27_0227.jpg

2016_11_27_0237.jpg

2016_11_27_0252.jpg

2016_11_27_0271.jpg

2016_11_27_0365.jpg

2016_11_27_0384.jpg

2016_11_27_0386.jpg
折角のブルーインパルスの飛行も、生憎の曇天で編隊飛行のみで演目も大幅に中止へ。まぁ、雨が降らないだけ良しとしないとということで少々消化不良気味に終了へ。来年は観閲式の為航空祭はスキップという事で再来年まで楽しみはお預けです。ブルーが終了後は展示エリアに移動しましたが、あの機体が帰投することに。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

SuperGT2016 Rd.8 TRM #12 CALSONIC IMPUL GT-R  

スーパーGTもてぎラウンドの記事もこれにて終了。個人的には長年応援している青い新幹線。
2016_11_13_1699.jpg

2016_11_13_1708.jpg

2016_11_13_1804.jpg

2016_11_13_1957.jpg

2016_11_13_1982.jpg

2016_11_13_2321.jpg

2016_11_13_2700.jpg

2016_11_13_2845.jpg
それにしても、この12号車カルソニックインパルGT-Rは今年は“ツキ”が有りませんでしたね。ゴール直前のタイヤバースト、ピットの作業違反や車両火災などなど本当に今シーズンはツイてなかった。昨年はシリーズ2位で今年こそはと思いつつも、チャンピオンを逃し、今年はとても期待がかかりましたが、8位となってしまいました。来年はニューマシンでチャンピオンお願いしますm(_)m それにしても、年末のニスモフェスティバルでのレースで優勝した時の星野監督のはしゃぎっぷりったら。。。
にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ
にほんブログ村

SuperGT2016 Rd.8 TRM ベテラン二人  

やはりGTにはこの二人がいないと面白くないですね。
2016_11_13_1727.jpg

2016_11_13_1833.jpg

2016_11_13_1854.jpg

2016_11_13_2085.jpg

2016_11_13_2258.jpg

2016_11_13_2353.jpg

2016_11_13_2509.jpg

2016_11_13_2753.jpg
今年もGTを牽引していた38号車ZENT CERMO RC Fの立川選手と46号車 S Road CRAFTSPORTS GT-Rの本山選手。立川選手は第6戦の鈴鹿で優勝したものの、続くタイ戦は1号車と交錯しクラッシュ。もてぎラウンドもなかなか調子に乗れずシリーズ6位となりました。本山選手も安定したシーズンを送れず、パートナーの千代選手もクラッシュにより途中欠場を余儀なくされシリーズ10位となりました。もっともニスモフェスティバルの本山選手のクラッシュはなかなか無いでしょ?
にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ
にほんブログ村

SuperGT2016 Rd.8 TRM NSX-CONCEPT GT  

今年のスーパーGTはレクサス対ニッサンな様相でしたが、二強体制になってしまったのもホンダの弱さが大き過ぎ。
2016_11_13_2114.jpg

2016_11_13_2222.jpg

2016_11_13_2264.jpg

2016_11_13_1748.jpg

2016_11_13_2547.jpg

2016_11_13_2655.jpg
もてぎ戦の前に15号車のドラゴが撤退と寂しいニュースで、前戦タイで活躍の牧野君もあまり活躍する姿を見る事が出来ず。優勝なし、ランキングも下位独占ではどうしようもない状態。そんなホンダも昨日の発表では、17年シーズンはドラゴの代わりにTEAM無限が500クラスに復活し、武藤選手と中嶋大祐選手という組み合わせになり、タイヤも噂通りのヨコハマタイヤ装着となりました。しかも、こちらも厳しい戦いの続いた64号車のEPSON号は8号車の松浦選手が移籍となりました。という事は8号車のARTAの野尻選手の相方は誰になるのか?
にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ
にほんブログ村

SuperGT2016 Rd.8 TRM #36 au TOM'S RC F  

レクサスワークスの中でやはりこのチームは存在感あります。
2016_11_13_1739.jpg

2016_11_13_1931.jpg

2016_11_13_1958.jpg

2016_11_13_2343.jpg

2016_11_13_2722.jpg
サードやチームルマンと並びトヨタ系ワークス御三家のトムス。昨年は37号車が最後までチャンピオン争いしていましたが、今年は36号車がランキング5位と活躍。でも、全般的に上位に顔を出していた印象が薄く、でもシリーズは5位ということは安定した速さだったということなのかも。
にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ
にほんブログ村

SuperGT2016 Rd.8 TRM #19 WedsSport ADVAN RC F  

今年の国内トップカテゴリーで一番の活躍したコンビは恐らくこの車に乗る二人だったのでは?
2016_11_13_1805.jpg

2016_11_13_2055.jpg

2016_11_13_2315.jpg

2016_11_13_2499.jpg

2016_11_13_2577.jpg
第7戦のタイラウンドで初めての500クラスを優勝し、第3戦は5位、最終戦は3位となり後半戦尻上がりに調子をあげてシリーズは5位となりました。プライベータとしても今年はその活躍ぶりは目を見張るものが。それに、フォーミュラーでも別チームではありましたが、この二人のドライバーがシリーズをとても盛り上げてくれました。個人的にはまさか国本選手がシリーズチャンピオンを獲得するとは思いもよらず、関口選手が取るモノと信じて疑わなかったのに。きっと来期もこのチームは台風の目になると信じて。
にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ
にほんブログ村

SuperGT2016 Rd.8 TRM #1 MOTUL AUTECH GT-R  

これまでシーズンチャンピオン2連覇の1号車のGT-R。鈴鹿からの悪い流れを断ち切ることが出来ずに3連覇ならず。
2016_11_13_1783.jpg

2016_11_13_1884.jpg

2016_11_13_2086.jpg

2016_11_13_2513.jpg

2016_11_13_2699.jpg
シリーズ初戦と2戦の富士を優勝し、中盤までにウェイトハンデ100キロ積んでいても早さが目立った1号車。鈴鹿もそのウェイトに関わらず、途中までに速さが目立ちましたが終盤にガス欠。タイではクラッシュでリタイア。そしてもてぎでは上位に上れず残念な結果になってしまいました。2017シーズンは新型で久し振りのゼッケン“23”からのスタートで、また頂点を目指してほしいものです。
にほんブログ村 写真ブログ モータースポーツ写真へ
にほんブログ村

▲Page top