Easy Come, Easy Go !

飛行機やモータースポーツから素敵なモデルさんを撮影した写真ブログです

カナダとユナイテッドの787  

昨年夏の羽田でのエアーカナダは夕方に787でテイクオフしてましたが今年は777。代わりにここ成田ではそのミントグリーンな787が増殖してました。まずはバンクーバーからのAC3便でC-GHPQが北の空から南下。
2015_07_11_0683.jpg
やはり787はどの角度でも撮りたくなります。
2015_07_11_0685.jpg
こちらは、AC1便でC-GHPXが飛来です。
2015_07_11_0733.jpg
こちらはC-GHPT。
2015_07_19_0120.jpg
同じく北米の787でユナイテッドの機体も徐々に増加。N19951の787-9。
2015_07_11_0663.jpg
こちらも787-9のN35953。
2015_07_19_0111.jpg
こちらは787-8なN20904が登場しました。
2015_07_19_0132.jpg
それでも、やはり青い会社の787が良いんです。
2015_07_19_0020.jpg
あとは夜に飛来してくるアフリカのあの会社の787が撮りたいですね。
スポンサーサイト

香港エクスプレス?香港航空?  

成田空港へ通うもなかなか捕捉できない香港エクスプレス。やっと来たと思いきや何だか思っていた塗装と違いまして。こちらはA320が飛来。


2015_07_19_0062.jpg

2015_07_19_0065.jpg

2015_07_11_0928.jpg
違う日にも飛来した同じデザインの機体は香港航空でした。エクスプレス航空って違う塗装だった気がしますが・・・。

ルフトハンザカーゴ  

成田での撮影もこの時期だと19時過ぎまで撮影可能で、この機体もそんな恩恵の1機。この日は19時前に到着の様子なので、ちょっと空港より北側でお出迎え。フランクフルトを出発し、モスクワを経由し成田へ飛来するドイツの航空貨物会社のルフトハンザカーゴがいつものMD-11で霞ヶ浦方面から登場。
blog_import_55c0e268a2cd0.jpeg
ゆらゆらとヴェイパーを引きずりながら。
blog_import_55c0e26bcd2b0.jpeg
やはり3発機はなんだかワクワクします。
blog_import_55c0e26d78318.jpeg
この日は、D-ALCC。
blog_import_55c0e272c5cf3.jpeg
思わず無我夢中でシャッター切っています。
blog_import_55c0e275998de.jpeg
お疲れ様でした~!ってお見送りとなりました。

EKとQR  

日照時間の長い時期。中東からの遅い時間の着陸機を当然狙います。
羽田だと転がる所しか撮れないエミレーツとカタールもここでは飛んでます。

まずは、エミレーツが北側からアプローチしてきました。
やっぱりエミレーツのサイドもエンブレムかっこいい。

この日はA6-ECQの773が飛来。以前SFOで見掛けた機体。

そして、他方のお目当てのQRが登場。

羽田だとインタミデッキでは転がる姿は見えますが、飛んでるの久々。
この日はA7-BBFの772が登場。

こちらもセンスイイ塗装で好きです。尾翼デザインは動物のオリックスだとか。
カッコいいなぁ。

無性にシャッター切ってます。やっぱりA350見たいなぁ。
ドーハ行って見たい。。。

朝はアエロメヒコで夕方は・・・  

成田での787も徐々に増えつつあります。
土曜日の早朝は、メキシコからの787が飛来からスタート。





そして、夕方にはニュージーランド航空の787が飛来。
なかなかオールブラックな787-9には会えませんね。

BランはB737やA320がラッシュ  

成田空港での撮影も午後一はB滑走路が渋滞気味。
そんな中でも小さ目の737-800や320系がひっきりなしに着陸。

まずは、フィリピンのA321から。

トランスアジアはA320。

そして、春秋航空は737-800。

チャイナエアーも737-800。

A320のバニラエアー。

韓国系LCCのエアブサンはA321。

モンゴルもやって来ました。

またまたフィリピン。

ウィングレットが珍しい、ユナイテッドの737-800。

767や777も着陸してきますが、割合的には小型機系が沢山。
相変わらず、トラフィックの間隔はとても短いです。



ちょっとリゾート地にお出掛け  

タイやマレーシアなどアジアンなリゾート地にちょっとお出掛けしたくなる様な
素敵なデザインの機体達。週末に海外へなんて余裕も欲しくなります。

アジアの航空会社の中で個人的にはお気に入りなTGの787。

マレーシアも久しぶりにお見かけ。

毎度毎度のリゾート満載のエアカリンの332。

そして、遠くから翼を撓ませた787が。

そしてSQの773もシンプルなデザインの機体。

続いて、Bラン定番のAIも787で登場。この色はなんだかスパイスを連想させる。

やっぱりコチラ側は違和感あります。

インドに近い紅茶の有名な国のキャリア。

スクートもリゾート気分にさせてくれる機体デザインですね。

そして、リゾートといえばこちらTNの343。

やはり現実は厳しく、こうして飛行機を撮影し妄想するのみなのかな・・・。



朝はモヤモヤカーゴ  

久し振りの成田空港は前日まで本格的な雨が連日降り続いた天候。
当日も朝は靄がかかった様な状態。

朝一番のカンタスも遅延気味でAランのアプローチする機体が朝一となりました。
それにしても、北の空からなかなかそれを確認することが出来ない。

『ゴゴォォォォォ!!!』
と轟音がすれども姿分からず緊張の瞬間。そしていきなり機体登場。
この日はフェデックスの772が一番乗り。

続いてはキャセイカーゴ。

フェデックス同様、尾翼付近はモヤモヤ状態

NCAもモヤモヤ。

こちらはレジ番違いの-8。まだまだモヤモヤしてます。

流石にさくらの山ではスッキリしてます。こちらは真っ白ポーラ。

まだまだ772のフェデックス。なかなかMDは来ないです。

生憎な曇り模様ですが、ここは午前中は逆光なので、これはこれで良いのかな。

こんなカーゴラッシュも楽しいのですが、たまには珍しいカーゴ撮りたい。



成田空港でヨーロッパからの到着便を  

成田空港での午前中はバリエーション豊かなヨーロッパからの到着便。
まずは、さくらの山でその到着便を撮影。

一番撮影したいオーストリア航空のB772を直前で取り逃がしましたが、
到着後ターキッシュエアラインズが飛来。

この日のスイスはロゴが大きなバージョン。

以前はエアバスだったような気がするLHはジャンボで到着。

同じくジャンボなKLMもやって来ました。一日2便ですが、他方は撮り逃がす。

エアーフランスは露出が難しい真っ白な機体。

そして、しばらくトラフィックが空いたのでBランへ。こちらは久し振りなBA。

続いてながーいSAS。

やはりオーストリアを撮り逃したのは大きかったですね。
続きます。



オージーな機体達を成田空港で  

夏至を過ぎ、本格的な長雨から明けたギラギラする夏日のある週末に早朝から成田へ。
長らく成田空港の朝の顔だったオーストラリアのカンタス航空のジャンボ。

8月からはその目的地を羽田に変え、到着も少々早めになってしまいます。
羽田も撮影場所によっては厳しい所も有るから、ちゃんと撮れるかな?

ということで、ここ成田での就航も残り少なくなったこの日朝から沢山の方が撮影。
この日は少々遅延しての到着。



この日は、VH-OJMの機体が飛来





尾翼が可愛い



思えば、十数年前にシドニーに行ったときにお世話になりました。
その時は飛行機写真はあまり興味なかったんだなぁ。でも寂しい。

そして、オーストラリアの航空会社であるジェットスター。
カンタスのLCCとして誕生のその会社もオーストラリア各地より飛来。

メルボルンから飛来のJQ23便が787-8。JQの787お初。

そして、帰りがけに有るポイントで夕方の787を。

ケアンズ便なのか、ゴールドコースト便なのか?

この日は早朝と夕方でオーストラリア色満載な撮影となりました。
日の長いこの季節は飛行機撮影三昧。



▲Page top